【APS-C】a6400,α6400 おすすめのレンズ紹介(α6000シリーズ)

カメラ/ビデオ

この記事は、SONYのミラーレスカメラを購入して、レンズ選びに迷っている方向けの内容になっています。
α6400 a6400だけでなくAPS-C規格のミラーレスカメラ全般(α6000シリーズ)におすすめのレンズを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク




1.安くて良いレンズ

価格が比較的安いおすすめレンズを紹介します。

安くて良いレンズ

1-1.SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650
1-2.SONY E16mm F2.8 SEL16F28

1-1.SONY E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS SELP1650

カメラとセットで販売されているズームレンズです。単品で買うことも可能です。
画質やボケ感はハッキリ言って微妙です。
しかし、ここまでコンパクトなサイズで16mm-50mm(フルサイズ換算24mm-75mm)という焦点距離をカバーできるというのは非常に強みではないかと思います。

また、値段も安いので1つ持っているだけで、様々なシーンで活躍できます。お散歩用レンズとしてもピッタリです。
(向いているシーン:全般、お散歩など)

※価格.com調べ(2021年3月)
 新品:30490円
 中古:10000円

1-2.SONY E16mm F2.8 SEL16F28

16mm(フルサイズ換算24mm)のコンパクトな単焦点レンズです。
この画角はiPhoneなどのスマートフォンに近い画角です。
そのためスマホで良く写真を取る人には親しみやすい画角で、風景や人物の撮影などに向いています。

また、レンズ本体がコンパクトでオシャレな点や、価格の安さなどもオススメのポイントです。
(向いているシーン:風景、人物撮影、自撮り)

※価格.com調べ(2021年3月)
 新品:23760円
 中古:8500円

2.万能なレンズ

多少お値段は上がりますが、1本で様々なシーンで利用できるレンズを2本紹介します。

万能なレンズ

2-1.Tamron 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD
2-2.SONY E PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105G

2-1.Tamron 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD

焦点距離が17mm-70mm(フルサイズ換算25.5mm-105mm)のレンズです。
少し値段は高くなってしまいますが、このレンズ1本あればどんなシーンでも品質の高い写真が撮れます。ズーム時とワイド時の両方でF2.8という明るさ・ボケ感を出すことが出来るのはとにかく便利です。

また、高い解像感を持つことで定評があるレンズなので、複数の単焦点レンズを買うよりもこのレンズを1本買う方がお得になるかもしません。
(向いているシーン:全般、ポートレートも可)

※価格.com調べ(2021年3月)
新品:82400円
中古:77800円

2-2.E PZ 18-105mm F4 G OSS SELP18105G

メーカー純正の万能ズームレンズです。
焦点距離が18mm-105mm(フルサイズ換算27mm-157.5mm)のレンズで、上記で紹介したTamron製のレンズよりも長い焦点距離を持つのが特徴です。

値段も安く、ズーム時に鏡筒が伸びないインナーズーム機構を持つこと特徴です。
荷物を少しでも減らしたい旅行などには、このレンズはピッタリではないかと思います。これだけ見るとTamron製のレンズよりも良い点しか無いように見えますが、大きな違いはF4という点です。
F値がF4とF2.8では、ボケ感や明るさに相当な違いが出てきます。

ポートレートなどをする場合には最低でもF2.8ほどのボケ感が欲しいと言われるほどなので、自身の用途や予算に合わせて選ばれると良いかもしれません。
(向いているシーン:全般、特に旅行にピッタリ)

※価格.com調べ(2021年3月)
新品:53280円
中古:38800円

3.高解像度で人気のレンズ

より画質が良く高品質な写真が撮影できる人気のレンズを紹介します。

高解像度で人気のレンズ

3-1.SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary
3-2.SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary

3-1.SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary

SIGMA社製の16mm(フルサイズ換算24mm)の単焦点レンズです。
SIGMA社製のレンズは安価で高解像度という点に注力しているため、コスパ抜群で品質の高い写真を撮影することが可能です。
このレンズは前述したE16mm F2.8 SEL16F28と同じ画角ですが、F値が1.4となっており、更に高いボケ感と解像感を出すことができるようになっています。

また、Youtuberの方が撮影で利用されているのをよく目にしますので、自撮りなどに非常に向いた画角となっています。F1.4もあれば部屋の中などの暗い環境でも高画質で撮影することができるのも人気な理由と言えるでしょう。
(向いているシーン:室内撮影、自撮り、風景、Youtubeなど)

※価格.com調べ(2021年3月)
新品:40800円
中古:33000円

3-2.SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary

単焦点レンズのためズームをすることは出来ませんが、綺麗なボケや暗いところでの撮影が可能となります。また、30mm-35mm(フルサイズ換算45mm-52.5mm)という焦点距離は、人の目で見ている景色と最も近いと言われているので、見た物をそのままのイメージで撮影することが可能です。

メーカー純正の35mmレンズよりも解像度が高く、値段も安くなっているため、初めての単焦点レンズの選択肢として候補が上がりやすい商品です。F値も1.4まであるので、背景がよくボケたカッコイイ写真を撮影することが可能です。

個人的には、メーカー純正の35mmレンズを買うならこちらの30mmレンズを買った方が満足度は高いと思います。
(向いているシーン:テーブルフォト、物撮り、人物撮影など)

※価格.com調べ(2021年3月)
新品:32580円
中古:26800円


今回はα6400 a6400におすすめのレンズについて紹介させていただきました。
自身の予算と用途に合ったレンズ選びができる手助けとなれると嬉しく思います。

※本記事にはソニー公式「https://www.sony.jp」の画像を使用させていただいてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました